blog.gif

久々、汗だく看板製作

寿町にて、寿町フリーコンサートの「撮影禁止」看板の制作でした。
下書きの案が中々浮かばず、朝方までアレコレ迷ってました。
制作時間は3時間。
横185センチの看板は、大体6〜8時間かけて描きます。
それを3時間以内で、クオリティ落とさず描くのは、すごくいい課題。
3時間で描ける職人なんて山程いるわけだし、
制約の中でちゃんと仕事ができるのがプロであろう・・チャレンジ!
とはいえ、トホホで案が浮かばず。

徒歩30程の寿町に行くまでも、手で空に文字を描く練習。
久々の寿町生活館。
最近は会議にも全然出れず、去年も今年もイベントがかぶってて出れず。
申し訳ないので、せめて看板頑張ろう。
以前・・多分7年くらい前に描いた看板はさすがにボロボロ。

寿町、いわゆるドヤ街は、私も深く関わってる訳ではなく、
住人の方々をすごく理解してるわけではありません。
ただ、以前はすぐそばでバーを任されていたので、深夜に寿町の方々がよく来てお話をきいたり、
寿町フリーコンサートを通じて、街に通う機会が多くなり、
街の方々ともコミュニケーションをとるようになりました。
ほんの一部の方々だけど、私なりになんとなく街のルールは最低限解ってきてるつもりです。

娯楽室というテレビを見る部屋のすぐ隣で制作。
街の人々が休憩したり、テレビ見たり、体拭いたりのんびりしてました。
タバコの一服しながら、雑談したりして、汗だくになりながらなんとか時間内に完成。
久々の外での看板仕事。忘れ物も多かった。
たかが3時間なのに疲労困憊。
会心の出来とは言えませんが、なんとか精一杯やれました。

前夜、山程食べたのに、お腹が空きすぎて久々の「酔来亭」にて酔来丼。美味しい〜〜〜!!
400円でお腹いっぱいでございます。
そこにAntiPopのオーナー家族も偶然来店。日曜は行動パターンが似てるのか、時々出会います。
IMG_20190721_175131.jpg

手は真っ赤なペンキで血まみれみたい、服もペンキだらけのまま、投票へ。

途中で仲間のバンドJuzが出演する、音小屋の前を通ったけど、大量消耗でライブに行けず。
友人海月ひかりがすぐ近くまで来たよ!と連絡あったけど、すっ飛んで行けず。
小さな看板一つ描いたくらいで、そんなことすらできなくなって、体力なくなったな〜。情けない。
あれもこれもが一気にできなくなってきました。
年だから仕方ないと諦めず、でも無理はせず・・・そのさじ加減が難しいですね。

3作目を今日で仕上げる予定です。
気がつけば7月も終わりに近づいてます。
いつも通り焦るけど、暑い季節嫌だけど、この国の未来が不安だけど・・・
1生命体として丁寧に生きていこうと思うバテバテの夜でした。

KAORIKO
IMG_20190721_142915.jpg
IMG_20190721_151658.jpg
IMG_20190721_171035.jpg
posted by kaoriko   2019年07月22日00:55 | 日記

10年ぶりの素敵な再会でした。

三作目、なんとか出口が見えてきました。
人物画は自分の中で正解があるんですが、今描いてるような装丁画は正解が見えないので難しいです。
見る人に託すしかない。
締切までもう少し、ギリギリまで振り絞ろうと思います。

もう十数年前、まだ私が本格的に絵の仕事を始める前。
息子が心臓を患い、私は音楽の仕事から身を引き、
いつ息子の容態がおかしくなり呼び出されてもいいように、
学校のすぐそばのリサイクル屋でバイトしてました。いわゆる便利屋。

私の業務は店番。売りに来た品物の査定、回収された商品の掃除、販売、見積もり・回収依頼の受付業務。
大体朝出勤して、店でボケ〜っと販売してるリサイクルテレビを見ておりました。
時には遺品整理、店舗や一般住宅の不用品まるごと回収、夜逃げ回収なども。
オーナーは他の業務をしていたので、アルバイトは回収や運搬係の大学生3人。
18〜20歳の若者とオバさん一人。途中から下校途中の息子も加わり、
私にとっては大きな息子3人とチビ、とても仲良くしてました。
バイトを辞めたあとも、花見だ飲み会だと集まってました。
その後一人は故郷に帰り就職。
O君は辞めた後、ブラック企業に入り苦労してました。
電話でしょちゅうぞっとするような苦労話。
その頃私も他のバイトをしていて、職場に馴染めず、毎朝胃が痛くなるほど出勤が嫌でした。
でも年のせいでバイトが中々見つからず、やっと入れたバイト。
息子もまだ小さいし、生活もあるし、朝が来ると憂鬱な日々。
O君の苦労話を聞いて「そんな所辞めちゃいなよ!まだ若いんだからどこだって入れるじゃない!」
と言うと
「僕にはやりたい事があるんです。辛いからと言って今逃げたら、これから先も逃げ癖がついてしまう気がするんです。だからどんなにブラックでも辛くても、最低1年は頑張ろうと思うんです。」
ガーン!当時の私には痛い言葉で、
私も絵の仕事で稼いでいこうという夢を持ち始めた頃、
そして音楽の世界にまた少しでも関われたら・・・と思い始めていた頃だったので、
目が覚めました。
これからもっと困難な道を行くのに、たかがバイト先の事で逃げてる場合じゃない!立ち向かうのだ!

気持ちが変われば、自分も変わる。
あんなに嫌だったバイト先は、いつの間にかとても楽しい職場に変わりました。
20歳も年下の若者に教えられた。

そんなO君はその後もブラック企業を転々。
彼が就職する時に、道に迷わぬよう、方位磁針付きの腕時計をプレゼントしたんだけど、私がそんなのあげたせいで迷走しちゃったのか?!
定期的に連絡は取り合うも、心配で仕方なく、リサイクル屋仲間との飲み会もいつも欠席。
今年「久々に会おう!」ということになり、土曜日、10年ぶりの再会でした。

久々に会ったO君は元気そうで、話を聞くと色々あったけど、今はやっと落ち着いたとか。
思い出話やこの10年の日々をお互い笑い話に変えられるようになりました。
腰まで髪を伸ばし、ヒゲボーボーだったのに、すっかり爽やか。
声も小さく大人しかった印象が、営業の仕事でもまれたせいか、ハキハキしてました。
20歳も下なので私には息子のような存在ですが、世間では30過ぎの立派な社会人。
夢はまだ諦めていないとのこと。
「今日は僕にご馳走させてください」と言われ、
私の中では日々お金がなくて、ガリガリだった彼が10年飛び越えて大人の男になっちゃったので、
母心でウルウル。
「立派になったね〜」と言うと「もう、僕30過ぎですよ」と笑ってました。
店を出て、歩き始めると「あ!忘れ物!」と言ってお店に戻り、
お店の人に「記念写真撮ってください!」。
私がリサイクル屋を辞める時、泣いてくれて二人で写真撮ったな〜。
あの頃の彼らの年になった息子も、将来に続くいい出会いを大事にして欲しい。
老後の思い出写真、また1枚増えました。

たかがバイト募集の記事一つで出会いがあって、今だに自分の心を豊かにしてくれる人達と
繋がっていられるのはありがたい事です。
どのバイト先でも昔から私が一番年上というのが多く、「母さん」「姉さん」と呼ばれてます。
彼らのちょっと先の未来を生きる私は、
年を重ねることが素晴らしいことだと思えるよう、夢は叶うと証明できるよう、頑張らねばと
あらためて背中を押してもらえました。

それにしても美味しかった学芸大学の「ガティート」。
ダルマを買ってくださったのに冬依頼、ご無沙汰してました。
今年一番、食べました。苦しくて動けないほど。
どのメニューも素晴らしく美味しいです。肉も魚介も最高です。オススメです。

KAORIKO
IMG_20190720_183331.jpgIMG_20190720_192953.jpgIMG_20190720_200043.jpgIMG_20190720_205937.jpg






posted by kaoriko   2019年07月21日03:59 | 日記

私もカンジンな事がわからなくなってるよ〜♪

高円寺HIGHにて滝ソロでした。
入がゆっくりだったので、朝までがっちりお絵描き。
急ぎのメルカリを出しに郵便局。
週3〜4日のペースで通ってるので、今回も微妙な大きさ・・・
厚み3センチを超えるか超えないかで送料が530円変わるのです。
そこで出てくる幅3センチ定規。
のれんを畳んで入れたので妙に分厚く膨らんでるのですが、思い切り潰せば3センチ。
手に取った局員さん、すぐにニンマリ( ̄▽ ̄)
「これは・・・潰してねじ込んじゃっていいやつですかね〜」
「ねじ込んじゃってください!!」
ねじねじ、ひっかかりも無理矢理押し込んでくれる。「そりゃ!行け!」
「入りました〜!これでいっちゃいましょう!!」パチパチ!
コンビニだとこうはいきません。
人との対話は大事・・・・なのか?

目が疲れてるので、遠回りして神田方面の電車を使い、神田川沿いの緑を眺めながら高円寺へ。
駅に着くとどしゃぶり。
コンビニでは滅多におにぎりを買わないのですが、100円セールだったので買いました。
物販準備、事務作業を終えて、PAのMさんと雑談。
Mさんは、かれこれ25年以上前の横浜のライブハウス時代から関わりのある方。お世話になってます。
HIGHでThe Mazarsと滝氏の時は、必ず来てくれます。
他の対バンはやらないのですが、滝氏の時だけPAをやってくれます。
今日も30分の為に出勤してくれてました。しかも横浜から。
何も言わなくても、ちゃんと音作りは完璧。PA表に書く事が少なくて助かります。
おかげで滝氏もリハ無しで本番もつつがなく終われます。ありがとうございます。

多分、滝氏は夕飯は済ませてゆっくり来ると予測し、広い楽屋で一人でおにぎり2個食べて、
高円寺お散歩して、パン屋でコーヒーと菓子パン食べて、フラフラしてたら、
HIGHの担当の方と街中ですれ違う。
「滝さん来てますよ」「げ!」
何食わぬ顔でHIGHに戻り( ̄▽ ̄)今後のスケジュールやら何やら相談。
お尻に火をつけるべきか、時を待つべきか・・・。悩みどころです。

ソロは対バンや企画によって「この曲はやっておいたほうがいいのでは?」というのは
たまにリクエストするのですが、自分が聴きたい曲はどうにも言いにくい。
ただどうしても聴きたいと思ってると、必ず演ってくれる事が多いのです。
以心伝心?いやいや違います。
年間、数十本のソロに携わっているので「アノ曲最近やってないな〜」が、共通してるだけです。
それがたまに合致するだけの事です。
今回はかなり久々で好きな曲だったので、撮影の手を止めて聴きました。「カンジンなこと」。
子育てが一番大変だった頃、よく聴いてたアルバムの曲です。

この時期、大気不安定の影響を受けやすい持病のせいで、金曜の終電の混雑にフラフラ。
途中下車して友人の店に営業に行く予定でしたが、
真っ直ぐ帰宅してアップ作業。
たまには飲みたかったラムを我慢。
ありがたくもお客様からいただいたお菓子がラム入り。しみじみ頂きました。
スイッチ切替、これから最終仕上げの作品に取り掛かります。

PM2.5のせいか、気管支炎の友人が多発。
MAD氏も「PM2.5には気をつけろ!」とよく言ってます。
自治体のサイトでもかなり注意喚起を促してます。
神経質になりすぎてもよくないけど、大陸からも流れてきてるし、
ボーカリストの方々は特に注意してほしいです。
同じ「人間」として自業自得なのかもしれないけど。
体を大事に。ジメジメだけど、いい週末にしましょう。学生たちは夏休みだね!

KAORIKO
IMG_20190719_174732.jpgIMG_20190719_181800.jpgIMG_20190719_181946.jpgDSC06069.JPGDSC06025.JPGIMG_20190720_011632.jpg


posted by kaoriko   2019年07月20日03:32 | 日記

楽しみな高円寺カフェタイム。

蒸し暑い1日でした。
あちこちで体調不良のつぶやきが多いです。
1日1回は外出しようと、無理矢理メルカリを郵便局に出しに行く日々も続いてます。
もう顔馴染みになってしまい、
いつものオジさん、定規で測らずに目分量で「大丈夫かな?大丈夫だね!」とシールを貼ってくれます。
こちらは1ミリでも規定内にする為にちゃんと測ってますよ。

来週引っ越してしまう2階下の友人の不用品処分もお手伝い、ついでに色々いただいてます。
この年になって友人が引っ越すって中々無い体験で、
引越しを聞いた日に泣いてしまったから、当日は号泣しそう。
「泣きながらトラック追いかけて、途中で転んでまた泣くね」なんて冗談言いながら、本当にそうなりそう。
いまやsnsで繋がってるし、そんなに遠くに行かないんですけど、
「引越しでお別れ」ってなんか悲しいです。
あらたな街で、今よりももっともっと幸せになって欲しい!

そして急ぎの3作目。やっとマスキングテープ貼りが終了。
早く描くコツはなんとか覚えてきましたが、焦って失敗しないように。
大好きな小説の装丁。
下北沢でいいエネルギーいただいたから、どうか現れてくれ、素敵な宇宙。

間髪いれずに高円寺にて滝氏のソロです。
高円寺ソロは開場前に行き、書類を書き、物販準備して終了。
そこから高円寺お散歩タイムです。
滝氏の到着を待ちつつ、古着屋、コーヒー屋で菓子パン食べてゆっくり。スケジュールの整理。
つかの間の休日気分が味わえます。
ただ、今のところ8月は問題解決していないライブが3本。不安。
なんとか当日までに解決しないと・・・。
私も完璧ではないですが、裏方意識の温度差には悩めるところで、
出演者のことも、お客様のことも考えず、オーガナイズしてる自分に陶酔してる方々、
バレてますよ。
持ちにくく、中身がぐちゃぐちゃになるような容器しか用意せず、
その人が二度と来なくても、場所がいいから大丈夫ってテイクアウトの店出してるような、
そんな策士ども、5年後オマエらは消えている・・なんて私も消えてたりして。

大火災で大勢の人が亡くなる事件が起こりましたね。
朝出かけていった家族や、仲間が、もう二度と帰らぬ人になるなんて、今朝は誰も思わなかったでしょう。
亡くなった方も、数時間後に自分の人生が終わるなんて。
今日、どこかで事故で亡くなった方もいるだろうし、
日々起こる危険をなんとか回避できて生きていられるのは当たり前じゃないです。
無駄に時間を消費してる場合じゃないですね。
私は私の仕事を頑張ります。
朝までお絵描き、昼になったら裏方オバさん。
高円寺、お立ち寄りの際はフラッと歌でも聞きに来てくださいな。

19日(金)高円寺HIGH
百日紅のころ
滝和祥​/はしもとりお /阿部桃子 /Mora Mothaus/ アベユウイチ(April in 85)
OPEN18:30/START19:00
ADV¥2500/DOOR¥3000(ドリンク別)
​​滝の出演は21:20〜です。



KAORIKO
IMG_20190718_234857.jpg

posted by kaoriko   2019年07月19日00:42 | 日記

下北の夜は合唱で幕引きとなりにけり

THE GOLDEN APART LIVE!vol.48@下北沢CCO、終了しました。
平日だし、出演者それぞれライブが沢山入ってるので、お客様の入が心配でしたが、
大勢のお客様がきてくださいました。
今回は滝氏のバンドのサポートベース「トントン」のバンドROSE HIP GARDEN,
そしてこのイベントではお馴染みのジーザスの出演だったので、
お客様もお馴染みの方々も多く、
ROSE HIP GARDENとジーザスは彼がジャズネコ時代対バンしてて、久々の再会だったり、
皆がつながっていたので、
和気あいあいでした。
最後の滝氏のステージではベースにトントンをステージに上げ、The Mazarsのナンバー。
アンコールではThe Mazarsが必ず最後にやる「スタア」という曲を客席の皆様と合唱して終わりました。
皆さん、すごく楽しそうだったし、
出演の3組、お客様からは「素晴らしい演奏だった」と多くの声をいただき、
クオリティも素晴らしくて、ノリも良くて、本当に素敵な夜でした。
まさに出演者の皆さんとお客様で作った夜。ありがとうございました。

日程とってから、出演者決めて、タイムテーブル作って、フライヤー作って、告知して、
セッティングやら、諸々の打ち合わせとライブハウスとの連絡の繰り返し、
出演者が決まらなかったり、トラブルあったり、たった1夜の為に3ヶ月前からのバタバタし、
それが何本も重なると「もうやめようかな」と思ったり、一人作業なので「孤独!」と叫んでみたり。
そんな中でも続けてるのは、
私以上に、その夜のために頑張ってくれる出演者や、都合をつけて来てくださるお客様のいい笑顔を
見れると全て吹っ飛びハッピーになれる単純な性格だからかな。
ライブハウスでも、アコースティックの会場でも、私はステージと客席全部が見れる場所におります。
全体を見渡せる場所からの風景が私にとっての最高のギャラです。
毎回、大満足じゃなくて反省も多々あります。
出演者はいつもベストを尽くしてくれてるのですが、
組み合わせによって更に楽しいイベントに化ける時があります。
出演者のライブスケジュールのタイミングや、人脈の絡み関係、NGな組み合わせもあるし、
絶対に仲良くなれるであろう初対面の組み合わせ、そんな事を考えながらsnsを徹底リサーチしたりして。

僭越ながら私が出演をお願いするのは、お客様からお金をいただくべく秀でたモノをもっている
ミュージシャンであるの勿論、好きな人・・・本当に主観的に、勝手に、ですが、
いくらお客様を呼ぶ人でも嫌いな人は呼ばないし、こんな素敵なミュージシャンがいるんですよ、と、
他の出演者を見に来た人にも自慢できる人達です。
だから、皆が笑顔になってると本当に嬉しいです。

ただこんな事ができるのは、生活の為の仕事としてしなくなったから。
以前、裏方仕事を生活の糧としてた頃はこんな綺麗事は言えませんでした。
その頃は、そりゃあ血も涙もないこともしてました。
裏切り、裏切られ、騙し騙され、利用しては利用され・・・とほほほ〜。
そんな日々の報いとして大きな裏切りにあって、
数十年のトラウマからやっと解放されたのは今年の初めの事。根深かった。
だから、日々ブッキングに追われているライブハウスの方々の苦労はぞっとするほど解るし、
お金を生み出すのが義務の音楽業界の仕事はもうできない。
そこにいる方々を侮蔑するわけではありません。むしろ尊敬してます。

わずかな仲介手数料をいただき、ギャラはなるべく多く出演者に返す。
そんなキレイ事のおかげでやっと、再び音楽の世界が好きになりました。
そしてキレイ事じゃ済まない生活の糧はお絵かき仕事で。
好きな人達を巻き込まない。騙さない。利用しなくて済む。
自分一人で完結できる。だから早く絵の仕事でいっちょ前になりたいものです。
その為には苦労も努力もまだ何もできてないです。

小さな小さな規模だけど、大好きな人達、音楽が大好きな人達、ミュジーシャンが大好きな人達、
音楽聴きながらお酒を飲むのが好きな人達、なんでもいいです、
その人達が一夜を共有できる場所をどこかにポツンと垂らす事を続けるために、
これからお絵描きにとりかかるとします。
稼ぐぞ!ビル建てるくらい稼いでやるわよ!( ̄▽ ̄)
そして金に物言わせて、バリアフリーの老人ライブ集会所作っちゃうわよ。

心からありがとうの夜でした。

KAORIKO
IMG_20190717_182138.jpgIMG_20190717_182241.jpgIMG_20190717_183210.jpgIMG_20190717_182316.jpgDSC06005.JPGDSC06006.JPGDSC06013.JPGDSC05926.JPGDSC05954.JPGDSC05995.JPGDSC06003.JPG



posted by kaoriko   2019年07月18日04:35 | 日記