blog.gif

山椒魚は週末に変態する。

今日はメニューの制作に一日を費やしました。
と言っても木曜の夜から始め、朝までダラダラPCに向かい、
朝の8時に就寝。
13時に起床。外は暗く雨の音がどんどんひどくなって、
DOORSを爆音で聴いてても、雨の音が邪魔するくらいの土砂降り。
起きてからコーヒーを10杯以上飲み、
食事はせず、黙々とPCに向かう。
一歩も外に出ず、
タバコも吸いまくってしまった。

こういう時がたまにありまして、
別に仕事に集中してるわけではないのです。
30分位、口半開きでぼ〜っとしてたり、
いきなり本読んで数ページでやめたり。

そんな時はいつも自分が山椒魚になった気分になり、
もう出口が見つからなくなり、このままどこかに沈んでしまうのではないか・・・
体から粘液がダラダラ流れてるような・・・・
等と思ったりするのですが・・・。

締切を守ればいい自由業を生業としてると
自由・・という言葉が時にすごくネガティブになってしまいます。
自由には責任がついてまわる。
自由だと行き先も、行動も自分で決めないといけない。
でも自分で選んだ道だから行くしかねえ〜と思うと、
先日の巨人の星のテーマに続き、今度は水戸黄門のテーマが頭の中で流れる〜。
♪人生勇気が必要だ
くじけりゃ誰かが先に行く
あとから来たのに追い越され
泣くのがいやならさあ歩け

きゃ〜、泣きたくないから、朝が来たら出かけましょう!
きっと晴れてるはずだから、とっとお風呂に入りましょう。
奇人、狂人、毒舌ババアと言われてますが、こんな日もあるのよ。

こんな時に元気になる曲。出かけよう。友達がいるのさ。
https://www.youtube.com/watch?v=2KliYa-9XJ0

KAORIKO




posted by kaoriko   2017年09月23日00:09 | 日記

デザイン考 殿方にお聞きしたい

今携わってるレストランのグランドメニューを制作中。
メニューも看板もそうですが、ちょっとしたデザインの違いで消費・購買意欲が変わるので、
すごく大事だと思います。
私はデザイン専門ではないですが、
壁画も頼まれたときはお店に合わせて、ちょっとでも売上や集客の協力ができるようにと考えたりします。
今回トイレにシェイクを描いたのは、
「じゃあ帰ろうか」
「ちょっとトイレ行ってくるね〜」
女子達はデザート食べたいけど、太るし、お金かかるし〜と帰ろうとする中、
トイレに入ったら巨大な生クリームのシェイクの画。
「やっぱり今日くらいいいか!食べちゃえ!」ってな事になればいなあ〜ひひひ
と妄想しつつ描きました。

昨日、まんまとトイレ後、頼まれたお客様がいらっしゃったそうで。
本当に手間かけた美味しいシェイクなので是非。

というように、目から入るイメージは大事です。
だからデザインの仕事してた時も
「ここ髪の毛1本分ずらしてくれないかな〜」という業界の常套句。
髪の毛1本分〜?!だったらズラす必要あるんすか?
せめて冷麦とか更科そばとかさあって思いますが、
何かが違うのでしょうね。ずらしませんけどね。

以前ミュージシャンがリハーサルで
「髪の毛1本分音下げてください」って行った時はズルっとずっこけましたが。
「はい」といったPAも絶対下げとらんぞ!つまみに息吹きかけたくらいだと思う。

私の家の周りは風俗街で、しょちゅう看板がかわるのですが、
書体、色、デザイン、勿論考えている方がいるわけで、
「あ〜この【素敵な奥様】の奥様ってとこは黄色がいいのかピンクがいいのか?」
「あ〜君〜この奥様の下のハートマーク、髪の毛1本分下げないとお客さん来ないよ〜」
「いや、でも素敵の部分だけ、ふち取り必要なんじゃないですか?」
「このフォントじゃアピールできないだろ!」
「もっと客が来るようなデザインで!」
みたいな会話がなされてるのかな〜と、いつも思いながら通ってます。
多分、いや絶対にあるのでしょう。
ダメ出しくらったデザイナーが悩みながら机に向かう姿。

私が受注したら、勿論一生懸命仕事しますが、
実際どうなんでしょう?ああいった風俗に行かれる殿方は看板に影響受けるのでしょうか?
言葉だったり、女の子の写真だったり・・・じゃないんでしょうか?
そんな事言っちゃあ、デザインした人の立つ瀬がないですね。スミマセン。

キッチンスタッフが一生懸命作った料理。
いっぱい食べてもらえるような、素敵なメニュー作るぞ!
やっぱり今夜もナイトホークスと化してしまうのでした。

写真はまだまだ稚拙だけど、役に立ってるのかな?過去の看板。

KAORIKO
14657489_1172205206178094_8372996747735334039_n.jpgmasa.jpg002-b6966.jpgWUAvIMhxwzAD_KoimJuTCxHNrScMAttlIOON9EftF7MM5ZOj1NiFSJ0wDjrpoI2F7lobMxzs4YiLylGusvopFtLZf0jHkD8aWXNeUlvV5hCr.jpg


posted by kaoriko   2017年09月21日23:28 | 日記

おばあさんが自殺をとどまった理由。

私が住んでる街は大岡川という、
ちょっと前まで死体がよく浮いてたようなドブ川のような川が流れてます。
今も赤潮が流れ込んできてすごく臭い上にゴミだらけの川面を見ると
「あ〜あ、荒川沿いを歩きたいもんだ。」と思ったり。

川沿いは今だにいつ警察に捕まってもおかしくないような方々が徘徊してます。
そんな中、おばあさんが話しかけてきました。
90歳になる彼女は家族もいなく、健康も害し、ひとり暮らしで
日々孤独と闘い、もう生きる意味をみつけられなく、
川に飛び込んで死んでしまおう、と川を眺めてたら、
ボートの練習をしてる若者たちがおばあさんを見つけて、皆で笑顔で手を振ってくれたらしいのです。
それを見て手を振りかえしながら「もうちょっと生きよう」と思ったらしいです。

通りすがりの私にその事を告げると、ゆっくり歩いて帰って行きましたが、
よっぽど嬉しくて、誰かに聞いて欲しかったのかな。

90歳まで生きて家族もいなく健康を害している彼女の孤独は
私にはまだ解ってあげられないけど、
戦争も経験し、戦後のめまぐるしく変化する時代の中を生き抜いて、
図り知れないモノを抱えてたんだなあ〜と。
死ねない辛さを生きる喜びに変える何かがまた起こればいいな。

ボート練習の若者はまさか、自分たちが一人の命を救ったなんて知る由もないだろうけど、
きっと彼らにもいい事ありますよ。

それにしても、ちょっとした言葉や行動で人は死のうとしたり
生きようとしたり、柔らかな生き物だ。

大岡川、私もしょっちゅう渡りますが、
夜はドブ川も暗闇に紛れるから結構綺麗で
橋から見上げる月に励まされた時も多々ありましたよ。

なんか新聞のエッセイみたいになってしまった。

根岸chipsのタコライス、スパイス効きまくりでかなり美味しいです。よろしく!
今回のロゴは結構気に入ってます。私らしくないけど。

KAORIKO
images.jpgchips9 - コピー.png











posted by kaoriko   2017年09月20日03:40 | 日記

開店前の大ピンチ!

根岸のダイニングカフェの仕事を一通り終え、
開店を翌日に控えた夜、
結構仕事した夏だし、お酒を全く飲んでなかったから、
久々に一人打ち上げで美味しいラムでもちょこっと飲みにでかけようか・・・。
と思っていたところ電話が鳴りました。

ダインニングカフェのオーナー、ポチ君。
なんと店長がコツコツ作ってたフードメニューをプリントしようと思ってたら
プリンターにつなぐ時にパソコンを落とし、パソコン大破!
メニューのデータはなんとか復旧したものの、
ちょっと破壊され、明日のオープンには作り直せない!
何とかしてくださ〜い!助けてください!
とな。

まあ、テキスト送ってもらって数時間いただければ、なんとか仕上げるでしょう。
はいはい、作りますよ〜。と軽く受けたら・・・
ナント!
カラー10ページに渡り、びっしり写真と文字で埋め尽くされたメニュー。
しかもWORDデータがズレまくって、
何がなんだかわかりません!!
時計を見れば24時。開店まで11時間。
テキスト整理して、デザインし直して、全部レイアウトして打ち込んで、
印刷してまとめる〜。

人はパニクると、奇怪な行動をとるモノで、
とりあえずラム一杯飲んで
PCトランプゲームして気持ち落ち着かせて、
♪思い込んだら試練の道を行くが男のど根性!と何故かろくに見たことない巨人の星のテーマを歌い、
気合入れてGO!

午前4時ころ泣きそうになり、
午前7時ころ20分くらいフリーズ
午前9時に「気合だ!気合だ!気合だ!」と連呼し、
午前10時完成!!!!

正直デザインとして雑だし、ずっと使うメニューとしては不本意ではありますが、
腑抜けた頭フル回転しました。
子犬のワルツ弾く位指動かしました。

バイクで取りに来たポチ君にメニューを渡し、なんとか開店ぎりぎり間に合った。
良かった!
こんなオバハンでも人の役にたてた!ちょっと勇気をくれてありがとう。
開店のお店に行きたかったけど、とりあえず寝かせてください。

街は台風一過。最後の暑さかな。
もう一つ心配してた大事な野外ライブも今日は開催されるらしい。
行けないけど、スタッフやお客様は気が気じゃなかっただろうに。
晴れ晴れと、晴れ晴れと楽しんでください。

KAORIKO
21751976_1513718725360072_5464240316614147682_n.jpg


posted by kaoriko   2017年09月18日23:07 | 日記

私だけが恐ろしい話

根岸の現場、ミッション終了!
1現場でこんなに描いたのは・・・というか描かせてもらったのは初めてで、
自由にやらせてもらってありがとうございました。
滝氏のバースデーイベント用のデザイン作業も並行してたので、
よく手を動かした夏でした。
今日まで奇跡的に仕事が続き、今年丸1日休んだのは2日位で、
日々忙しく、ありがたく過ごしていましたが・・・。がっ!がっ!

さて・・・次が無いぞ。
恐ろしやフリーランス。頭の中をよぎるのはなぜか五輪真弓の「恋人よ」。
忙しくて仕事を取る営業してなかった。
寒い冬がやってきます。
出かけよう。明日も明後日も。

いや、明日は休もう(笑)
最近本をあまり読めてないから、穏やかな美しい日本語の本を読もう。
春に新井薬師の古本屋で買った「現代紀行文学全集」
と初版で文字が難しくて中々進まない、本八幡の古本屋で買った永井荷風の「勲章」
なんて本好きを気取ってますが、
口開けてボケ〜っとしてる可能性あり。

本当の本好きは息子なり。
先程「ずっと探してた本がやっと買えた!」
「じゃあ私にも読ませて」と言ったら横に置いてどこかに出かけて行った。
チラリと見たら「実存主義とは何か」J・Pサルトル。
ソ・そ・クラテスかプラトンか〜のサルトル?野坂昭如の唄?
1頁目を数行読んで本を閉じました。
恐ろしや、息子の趣向。だから気が合わないんだ。
字が細かすぎて読みづらいと言って返そう。ふふふ。

トイレにシェイクの壁画。
美味しそうに見えて売上アップになりますように。

KAORIKO
21751333_1511380168927261_6176013331824758346_n.jpg


posted by kaoriko   2017年09月17日03:55 | 日記