blog.gif

四十:不惑、 五十:不知命

孔子さんは40歳にして惑わず、50歳には天命を知るなんて言ってますが、
ちょっと20年ずらしてもらえませんか〜?
まだ惑ってます。

今日は新しい絵のアクセントの為にエアブラシなんか買ってみて、
練習してたのですが、まず取り付けの時点でガスがシュ〜っていっただけで
「あわわ〜!」取り付け方もよう解らんし、怖いし。
でもせっかく買ったので、チャレンジし続けましが今夜は敗北。明日また頑張ろう。

20歳でアパートが崩壊し、渋谷の百軒店(ひゃっけんだな)にてウロウロしてました。
当時テレクラの待ち合わせか、ラブホ帰りのカップル、風俗嬢しか利用しない地下の喫茶店でバイト
してまして、お金も家もないので、大学は休学。ホームレスしながら
大食いで賞金をもらい、バイトに勤しんでたら
見かねた道玄坂を仕切ってるオヤビンが
「せっかく夢持って美大なんか行ってんだから、このままだと腐るぞ!」と叱ってくれて
「新聞読め!」「身なりをきちんとしろ!」「人生ちゃんと考えろ!」
と事あるごとに叱咤激励してくれ、期間限定で寝床も提供してくれて、
時々高級ホテルのレストランでご飯をご馳走してくれながら
食事のマナーを厳しく指導してくれたりしました。
(この後部屋とってあるんだぜ〜なんて全くありませんでした(笑))
渋谷のあの辺りを歩く度に、オヤビンはまだ生きてるのかな〜と思います。
オヤビン、ちゃんと今絵でお金もらってます。

20代はこの後も色々あり、15回以上転居を繰り返す、私にとってはとんでもなく
情けない日々でしたが、
本当に皆さん、よく叱ってくれました。叱ってくれた言葉も人もちゃんと覚えてます。
今は叱る風潮が減ってるし、叱るほど私は偉そうな生き方してないけど、
叱るのは愛と勇気だと思ってます。

おかげで30歳にして母になり、
40にして惑わず・・・とはならなかったけど、
惑いながらなんとか生きておりますよ。

大きな仕事も終わったし、仕事途切れ始めたし、さて明日あたりから本気で動かないと、
ホントに寒〜い冬がやってきそう。
去来する不安は果てしなく大きいですが、
まずは夜が明けたら、ビーグル犬とお店のために作ったキャラクター、
ケチャップで出来たチャップ君の追いかけっこの絵を根岸に描きに行きます。

KAORIKO
chips-kun.jpg

posted by kaoriko   2017年09月08日02:25 | 日記