blog.gif

下北沢北口にて

下北沢のライブイベントの仕事でした。
いつもは南口のライブハウスが多いのですが、久々に北口に出て、変貌にびっくり。
随分とにぎやかになったもんで。

私のクローゼットの大半は下北沢の古着屋。
季節ごとに丸一日かけて服を買いに行ってました。
今日はリハーサル後の時間があまったので、
一龍でラーメン食べて、北口を徘徊。
年末のカバーイベントに使うラルクのHyde役の滝さんの衣装も物色。500円でシャツGET.

この町に住んでると、下北沢は、若さと活気と夢に溢れているように見えます。
この街の住人がどうのというワケじゃない・・いやどうのというワケだな。

今日は4組の出演。
今付いてる、滝さんの昔のバンド、スロウロリス。一人足りないのでスロリスという名前で出演。
是非またスロウロリスで見たいもんです。

音楽は何十年前の曲でも、今歌えばまた蘇って人を感動させたり、
喜ばせたりできるけど、
私は自分の過去の作品で今でも愛おしいと思えるものがまだ少なく、
今、人に見せて「どうだ!」と言えるモノが殆どないのが、情けなくも悔しいのです。
絵と音楽は別物だけど、
私はキャンバスと格闘してる時が全てで、自分のサインを書いた時が終結で、
その時の全てを出し切ってるのだけど、キュッと結んで遠くに投げてサヨナラ〜!はい次いってみよ〜!
まだ迷いながら描いてるせいなのかな。
作品が「どうせ私はその場限りなのね〜、あんなに燃え上がって向き合ってくれたのに〜、ひ〜ん!」
って泣いてるようです。
いつまでも愛おしいと思える作品を作りたい。

終電で帰り、同じフリーランスの映像作家の友人と久々に、フリーランス生き残り作戦会議。
フリーはつらいよ。でも楽しいよ。健康だけには気を付けよう。もっと勉強しよう。云々。
お互いもっと頑張ろうと、手を振って笑顔で分かれて午前3時の日ノ出町。
ひとり「リッスントゥーザミュージック」を歌いながら帰るのでした。

KAORIKO
DSC08098.JPGDDEbk4wUAAAGX44.jpg170420ichiryu.jpg120712202137-photo4.jpg



posted by kaoriko   2017年11月22日07:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

絵のルーツでございます。

私の曾祖母は画家で、祖母はかなり大きな呉服屋の娘だったらしく、
岐阜の祖母の家には大量の着物と、姉さま人形の作り手でもあった祖母の仕事道具、
畳1畳分位の大きな和紙が山のように置いてありました。
夏休みは殆ど岐阜で過ごしてたがや〜。
多分今の私を形成するルーツはそこにあったのではないかと。

祖母は着物しか着ない美しい人で、
絵を描いたり、姉さま人形を作ってるのを私は横でずっと見てるのが大好きでした。

祖母が亡くなった時に、長女(母)の長女だからと、
遺品として大量の着物と、和紙と、浮世絵を私に残してくれました。
ずっとタンスの肥やしにしてましたが、
絵を描き始めて、少しは買ってくださる方が増えて、
仕事として成り立ってきた頃、思い切って祖母のくれた和紙にハサミを入れて絵に取り入れました。
着物も反物やハギレも沢山あったので、キャンバスに使ったりしてます。
でもとっても貴重な着物はまだ着れないし、
反物はまだまだ私の絵には使えない。
早く使うにふさわしい絵を描きたいもんだ。

そんな訳で、まだ祖母の残してくれたモノをガンガン使う勇気が無く、
されど、文様、和柄は私の中ですごく表現して、継承したいものなので、
絵には必ずと言っていい程使ってるのです。

以上、私のルーツでした( ̄▽ ̄)ちゃら〜ん。

今回のレイチャールズ、文様に見えないけど、一応「日月文(じつげつもん)」を使ってます。
普通男性には月の文様は使わないのですが、
月に見えます。でも太陽のようでもあり、ライトのようでもあり、
見る方の想像にお任せです。
開店のお祝いに贈る絵は七宝文等の連続して繁栄を意味する文様入れたり、
そのモチーフのイメージや、贈る内容、人に合わせて考えてます。
へっ一応こう見えても勉強してるんだぜ〜。
でもそれが絵を引き立たせないと意味ないんだけど。

チャーリーワッツに麻の葉文を入れたのは、別の意味ではないのよ。

さて明けたら下北沢でライブの仕事です。
10日もライブが空いたのは最近では久々なのでちょっと嬉しい。

今日は、またダルマをひたすら作り続けた。
深夜、なぜか20歳の息子はキッチンでダイアナロスの真似をしている。
似てないし、なんで今ダイアナロスなのか・・・うっとおしい。

KAORIKO
a000706398_01.jpgIMAG0951.jpgtop.jpg23519154_744921032359498_4420198709346319899_n.jpg
posted by kaoriko   2017年11月21日02:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

ぐちゃぐちゃの中で気がついた。

肖像画を2点なんとか仕上げにかかり
合間に新しいダルマ大1体小8体にとりかかり、
同時進行で作業いてるから机はぐちゃぐちゃです。

気持ちもぐちゃぐちゃになるので、
早起き(12時ですが)して伊勢佐木町〜関内散歩。
大好きなゴルゴンゾーラとハチミツのピザを堪能し、カルボナーラも食べちゃって
カロリー摂り過ぎた為、ひたすら歩く。
本屋で老眼鏡かけずに必死にピントを合わせながら立ち読みし、
古着屋でセーター買って、
100円ショップで色々買って、
日光浴、心身の調整終了。

同時進行の作業は、大変だけど、神経が描くことだけに集中するので、
日常生活というものに埋もれてた大事な事に気づかされます。
レイチャールズの仕上げにかかった頃、
独り言のように「こうゆう絵描く人いるよね。」とつぶやいた。
久々にカラーを使って、試行錯誤した結果のつぶやき。
特に仕上がりに不満はなく、されど大満足ではなく。

「なぬ?!今、ワタシ何て言った?!」
「こうゆう絵描く人いるよね〜〜〜?!」って最悪の言葉。
最悪の絵って事を自分で思わずつぶやいてしまった。・・・という事に気づき。
ワタワタと脳みそフル回転。
たとえ自己満足でもKAORIKO作だと、胸張れるようにせにゃ〜。
とバッタバタしてなんとか完成。
どうしたかはまた後日にしますが
あやうく、熟れた仕事をするところだった。

作品の完成は、締切ってもんが一番わかりやすいんだけど、
締切がギリギリでないと、
完成!と思ってもギリギリまで、もがいて、本当にこれでいいんですかい?
これで引き渡していいんですかい?、と最後に振り返る作業、忘れかけてた。

こんな偉そうな事、語って出来はどうかって?
さあ、どうなんでしょう( ̄▽ ̄)来月、絵を受け取った瞬間のその人の顔でわかりますね。
審判の時は刻々と迫ってます。きゃ〜〜。
もうちょっと聞いてみよう「これで本当にいいんですかい?」

KAORIKO
IMAG0954.jpg
IMAG0953.jpgIMAG0956.jpg
posted by kaoriko   2017年11月20日03:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

滝沢馬琴のごとく

金曜の夜帰宅してからず〜っと絵を描いています。
ダルマの制作をひたすら、ひたすらやり続け、
やっぱり絵を描くのが好きなのだと、今更気づき、
肖像画の依頼をいただいてるので、
ダルマの納品が終わるや、肖像画の続きを完成まで描き続け、
さらにもう1枚描き続けました。

途中、寝たし、食事も摂ったけど、
久々に絵を描けてちょっと満足。
自己満足の後は果たして喜んでもらえるのだろうか。
と、急に不安になり、怯えだす。

自分の絵を遠くから見たり、近くから見たり、
「やっぱダメか?」「いやいや、中々いいかも」「ちょっとイジるか?」「いやいや、やめとこう」
の繰り返し。

集中するのもいいけど、
外に出ないと、またウミが溜まってしまうので、
一眠りしたら、散歩にでかけよう。

いただいて、もうじき2週間になるバラの花。
まだ美しく咲いています。
いい気がこの部屋にあるのならありがたいけど、
とっちらかった私の作業場。
なんか作家っぽくていいなあ〜なんて思うのは間違ってるのでしょう( ̄▽ ̄)

エレカシ紅白出場おめでとうございます!
自分でもびっくりするくらい嬉しいニュースでした。大ファンか?!
同い年、こちらも負けてられないのね。ドーンと行きます。

KAORIKO
IMAG0950.jpgIMAG0947.jpgTokyoSports_830206_eb1d_1_s.jpg
posted by kaoriko   2017年11月19日05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

血と肉と芋で何が描ける?

このところ、馬車道、関内と営業や納品が続いてます。

お世話になってるRoundabout.
とにかくダルマをよく売ってくださる。
沢山作ったルチャだるま、納品と同時にお買い上げいただきました。
ありがとうございます。
オーナーのトムさんは本当にお客商売として、料理人としてプロフェショナルを感じる尊敬する人です。
お話と、料理でお客様を笑顔に出来る人。

ひとしきり話した後は、お客様皆で、なぜかRAINBOWのDVDを見て、全員無言。ず〜っと見てる。
ず〜〜〜〜っと無言で見てる。

料理がとても美味しいお店です。
本日はまごころポテトサラダをいただきました。
カリカリベーコンやチーズ、具材が山ほど入って美味しかった!
お通しは、山芋とアンチョビと和えたような・・・これもすばらしく美味しかったです!

寄り道して帰宅。
昨日から一心不乱に肖像画に取り掛かってます。
プレゼント用なのでまだ公開できませんが、
また新しい技法に取り組んで苦戦中。

普段は仕事として作品を作り、特に信念とか、理念とか意識してないのですが、
人に何か言われ、カチンときて言い返す自分の言葉にびっくりすることあり。

ほどほどに、とか、値段なりに、とかに反応アリ。

なぬ〜?
ほ〜ど〜ほ〜ど〜?
こちとら〜ゼロからモノ作ってんだから〜
しかも上手な人なんて山ほどいるってもんでよ〜
100%の力出して当たり前、見る人はそんなんじゃ満足しね〜のよ。
金出してもらうにゃ〜120%の力、自分に無いもんすら振り絞って〜
己の全部使い果たして〜〜
まさに肉を削り〜血で描く〜位の気持ちで描いてんだからよ〜
ほどほどなんて言葉あ〜出してもらっちゃ困るのよ〜おめ〜さんよ〜

なんて遠山の金さんみたいには言いませんが( ̄▽ ̄)
こんな偉そうに言ったって結果が全てです。
肉削っってないし。血で描いてないし。
それぐらいの気迫を感じて欲しいけど。

今、チャレンジしてる技法だって、チャレンジ賞なんて誰もくれない。
ダメなものはダメ、ヘタのものはヘタ!
だから今夜も描くしかないのよ。
今夜ワタシの+20%はほとんど芋です。ぷっ。

KAORIKO
23561568_777423719049034_6613380957691533853_n.jpgIMAG0949.jpgIMAG0946.jpg
posted by kaoriko   2017年11月18日01:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記