blog.gif

電池切れ!ピンチ!しかし!

やっかいな持病のせいもあり、
体調に波があるのですが、素敵な歌や、夢に向かって必死の友人達などから
日々エネルギーをいただき、なんとか過ごしてますが、
今日はいきなり電池がキレて、ちょっとピンチでした。

今日は横浜根岸のもうじきオープンする友人の店の壁画の仕上げ。
描く箇所が4箇所。脚立に登るのが2箇所、這い蹲る箇所、中腰の箇所。
今日は湿気が多いせいか乾きが遅く、
4箇所をちょっと塗っては移動、を8時間も繰り返してたら、
そりゃあ電池切れますね。
滝のような汗と、全身のしびれと震えで、ワナワナしてましたが、
なんとか終電で帰宅。

家の下で友人に会ったら
あまりの私の汚さ(絵の具だらけ、大荷物、首にタオル、千鳥足、臭い)に
「カオリコチャン?!」と驚愕されました。
「へっへ〜これが本来の私の姿でございます( ̄▽ ̄)」
こんな姿だと、いつもは蒼蝿のごとくまとわりつく伊勢佐木モールの
ホストの客引きが一切ないのだけは助かります。

ひどい疲れの時は、濡れタオルをレンジでチンして、
目の上にあてると、交感神経が治まり、不調のうわばみが浄化されると聞いて
やってみたら、かなり楽になりましたよ。
オススメ。

壁画は体力と集中力、そして殆どが、誰かの夢を背負って(店舗が多いので)、時間もない。
この年でやっていけるのだろうか・・・と思いますが、
今日、黒柳徹子さんが今だに舞台をやっているのを知り、
深く反省。健康管理もプロの大事な仕事ですね。
わかっちゃいるけど、今日は本当に反省。
今日は早く寝ます。もう午前4時だけど(笑)

明日は試食会。ショップカードも出来上がりました。
私の店じゃないけど、ワクワクしますね。いい店になるよ。
KAORIKO
IMAG0783.jpgIMAG0784.jpgIMAG0782.jpg





posted by kaoriko   2017年09月09日03:55 | 日記

四十:不惑、 五十:不知命

孔子さんは40歳にして惑わず、50歳には天命を知るなんて言ってますが、
ちょっと20年ずらしてもらえませんか〜?
まだ惑ってます。

今日は新しい絵のアクセントの為にエアブラシなんか買ってみて、
練習してたのですが、まず取り付けの時点でガスがシュ〜っていっただけで
「あわわ〜!」取り付け方もよう解らんし、怖いし。
でもせっかく買ったので、チャレンジし続けましが今夜は敗北。明日また頑張ろう。

20歳でアパートが崩壊し、渋谷の百軒店(ひゃっけんだな)にてウロウロしてました。
当時テレクラの待ち合わせか、ラブホ帰りのカップル、風俗嬢しか利用しない地下の喫茶店でバイト
してまして、お金も家もないので、大学は休学。ホームレスしながら
大食いで賞金をもらい、バイトに勤しんでたら
見かねた道玄坂を仕切ってるオヤビンが
「せっかく夢持って美大なんか行ってんだから、このままだと腐るぞ!」と叱ってくれて
「新聞読め!」「身なりをきちんとしろ!」「人生ちゃんと考えろ!」
と事あるごとに叱咤激励してくれ、期間限定で寝床も提供してくれて、
時々高級ホテルのレストランでご飯をご馳走してくれながら
食事のマナーを厳しく指導してくれたりしました。
(この後部屋とってあるんだぜ〜なんて全くありませんでした(笑))
渋谷のあの辺りを歩く度に、オヤビンはまだ生きてるのかな〜と思います。
オヤビン、ちゃんと今絵でお金もらってます。

20代はこの後も色々あり、15回以上転居を繰り返す、私にとってはとんでもなく
情けない日々でしたが、
本当に皆さん、よく叱ってくれました。叱ってくれた言葉も人もちゃんと覚えてます。
今は叱る風潮が減ってるし、叱るほど私は偉そうな生き方してないけど、
叱るのは愛と勇気だと思ってます。

おかげで30歳にして母になり、
40にして惑わず・・・とはならなかったけど、
惑いながらなんとか生きておりますよ。

大きな仕事も終わったし、仕事途切れ始めたし、さて明日あたりから本気で動かないと、
ホントに寒〜い冬がやってきそう。
去来する不安は果てしなく大きいですが、
まずは夜が明けたら、ビーグル犬とお店のために作ったキャラクター、
ケチャップで出来たチャップ君の追いかけっこの絵を根岸に描きに行きます。

KAORIKO
chips-kun.jpg

posted by kaoriko   2017年09月08日02:25 | 日記

吉祥寺ROCK JOINT GB終了

今日はスタッフ仕事に気持ちを切り替えて吉祥寺。
滝氏のソロでした。

GBに入ると大矢郁史さんがいてびっくり。
対バンの馬場さんがGのORIENTAL BOUNDSのVo.元SHADY DOLLSと言えばわかりやすいでしょうか。
かれこれ共通の友人が多く、30年以上前からの絡みがありますが、
今回はコーラス参加とは言え、やはり大好きな歌声。
「ひとりぼっちの吉祥寺駅前」やってほしかった(笑)

スタッフの仕事は30年やってるので、緊張したり気は使いますが
楽しくつつがなく・・・絵は孤独な作業なので
パートナーがいるだけでも楽しいのです。

9/14の滝ソロに向けて、今は準備がバタバタです。
過去の画像や動画を編集したり、毎日送られてくるリクエストを集計したり、
SNSでしつこく発信したり
グッズの制作や、当日発売するCDのジャケ、ライナー、フライヤー製作、
印刷会社に発注 などなど山盛り。

滝氏は、当日過去の200曲からのリクエストを歌ってもらうので
ひたすら練習していただきます。
二人しかいないので、完全分業。裏方とスターさん。

絵やデザイン勉強してて良かった。
今回のCDデザインは完全に私の勝手に作らせていただきました。ひひひ。
9/14まで秘密です。わかる人が見たら「やりやがったな〜」と思うかも。
ちょっとオマージュ入ってます。

大きなハコじゃないし、お客様もすごく多いわけじゃないけど、
リクエストをいただいて「楽しみにしてます!」と言われると、
ちょっとでも歌以外でできる最大限の事をしたいと色々考えます。

皆様、忙しい中、時間とチケット代、ドリンク代使って、
歌を聴きに来てくれる。
お金払って生の歌を聴きに来てくださるって、本当に凄い事だと思います。

今日も、懐かしい曲が沢山聴けましたが、
来週は3時間。ぶっ通してステージを任せます。
それまで、下準備はしっかりして、気持ちよく歌っていただいて、
お客様も楽しんでいただけるように・・・。どうか晴れますように。

当日、わたくし荷物が凄すぎるのです。トホホ。ホームレスの荷物並みです。

今日は懐かしの吉祥寺を歩いて、ノスタルじりましたが、
吉祥寺のアパート崩壊して、渋谷でホームレスになった面白いお話はまた明日にでも。

KAORIKO
DSCN0249.JPGDSCN0290.JPG
posted by kaoriko   2017年09月07日04:28 | 日記

吉祥寺の思い出

本日、吉祥寺にてライブのお仕事。

卒業式を終えてすぐに18歳で吉祥寺にて一人暮らし。
家賃8500円くらいだったか・・・。
共同玄関〜住人の10倍以上の数の靴が玄関に山積み。それを踏んで廊下へ。
共同トイレ〜汚くて使えない。緊急時以外は使わず。
共同洗面所〜これまた汚くて歯磨き、洗顔をとっとと終わらせる。
4畳半の木の窓枠、裸電球、隣とはベニヤ板で仕切り。板が曲がって隣から光がもれる。
廊下〜穴だらけ、穴から土が見える。きのこもコケも生えよった。
電話はなく、お風呂は銭湯。
ある日帰ったら警察官が廊下を歩いていて「ここ人住んでるんですね!?」と言われた。

そんなアパートでも一人暮らしは楽しく、
冷蔵庫も無く、冷たい飲み物も飲めず、布団しかなかったけど、
学生時代の仲間も同じような生活で、皆夢ばっかり語って、
なんかキラキラしてました。楽しい思い出しかないな〜。

銭湯に間に合わず、皆で井の頭公園の池に飛び込んで尿道炎になったり、
電気が止められて、電気がついてる友人の家にいったら
電気止められた友人が集まってたり。

随分街並みも変わって、LONLONはアトレになったり、
お洒落なお店も増えたけど、
吉祥寺に行く度に、18歳の純粋な(嘘)私がサンロードをフラフラ歩いていますよ。
月に1度の贅沢、松屋の定食とか。

結局アパートがボロすぎて、丸井のローンで電話線をひいたら崩壊し、
私は渋谷でホームレスになるのですが(笑)
今や、鉄筋コンクリートのエレベーター付きの、床暖房までついてるんだぜ。
大人になったな〜(笑)

今日も吉祥寺で軽くノスタルじってきます。
KAORIKO
18788691_1393228840742395_1149044749_n.png
posted by kaoriko   2017年09月06日02:22 | 日記

壁画も完成。後は・・・・!!

9/18にOPENを控えた横浜根岸駅前のアメリカンダイニング&カフェ「chips]」。
今回、ロゴ、看板製作、壁画、ショップカード、名刺・・・色々製作させてもらってます。
一番の大仕事の壁画、やっと完成しました。
あとは、アチコチに落書きを少々させていただきます。

でも主役はあくまでも食事とお店のスタッフ。
大事なのは、今日も一緒に作業してましたが、電気や、水道、内装の職人さんで、
絵は無くてもお店はやっていけるのです。看板は手描きじゃなくても作れるのです。
でもあえて、まだ半人前の私にオーダーしてくれて、
さて・・・ここで無難な画を描いたんじゃ職人として失格。
で、考えあぐね、長くなるので割愛しますが、写真のような画になりました。

いわゆる自称芸術家・アーティストと名乗る方々に
「自分の個性も出せず、サインも書かず、クライアントの言う通りの画を描いて
プライド傷つかない?」ってしょっちゅう!そう、しょっちゅう聞かれます。
わたくし、芸術家じゃなく職人なので、
クライアントが喜んでナンボなのです。
前述通り、無くても経営は成り立つ絵は、存在することによって、
より経済効果を産めば、やっと仕事成立。
自分を選んでいただいた甲斐があるってもんで・・・。
あくまでも裏方なので、前に出る必要も、お客様に注目される必要もなし。
誰かが「あの絵のあるお店・・・」と約束の時に言葉にしてもらえたら幸せ。
でもお客様は食事をしにくるのだし。
料理がまずかったりスタッフが悪ければ二度とその場所には来ません。

自分の個性を出したかったら個展やればいいんですよ。
だから日野皓正さんにビンタされるんですよ。あ、違うか。

そんなんで、色々言われますが、
個性出そうと出すまいと、自分が一生懸命悩んで、筆走らせた作品を
見せた瞬間の嬉しそうな依頼主の顔が見れれば、
母ちゃん、ちゃんと立派な仕事したぜ!と胸を張っていられるってもんよ。
でもまだまだ未熟すぎるので、精進します。

さて奇跡的に今年、ずっと仕事が途切れなかったのに、遂に途切れる・・・。
これから年末にかけて仕事探しに出かけなければ・・・。
逡巡の秋・・・。

KAORIKO
DSCN0235.JPGDSCN0233.JPGDSCN0248.JPG


posted by kaoriko   2017年09月05日00:33 | 日記